CRYPTO RECORDER | 安定性があるから投資家はLisk(LSK)を購入している?

この記事はLiskに関する海外記事をGoogle機械翻訳で日本語へ直訳したものを若干手直しして掲載しています。そのため意味の分かりづらい文章もありますが、なんとなく雰囲気は掴めるかと思います。スマホで機械翻訳ができない事もあると思うので参考にしてもらえれば嬉しいです。

サイト信用度については下記のSimilar Webのデータを参考にしてもらえればと思います。サイトの想定アクセス数は表右上の「Estimated Visits」をピックアップしています。Visit = 30分以内のアクセスは1アクセスとカウントする集計方法です。

翻訳元サイト名
CRYPTO RECORDER

翻訳元サイトURL
https://www.cryptorecorder.com/2018/05/02/are-investors-buying-lisk-lsk-because-of-its-stability-in-the-market/

翻訳元サイトの想定アクセス数
約69万visit

 

 

Lisk(LSK)は、市場での最新動向をフォローアップしています。つまり、この通貨は、今日のドルに対して上昇している通貨の大半をグリーンで取引しています。しかし、Liskは、LSKが流通している他のクリプトクロスに対抗して大きな落ち込みを起こさなかったことを考えると、市場ではかなり安定したコインとして注目されています。価格の上昇に加えて、投資家がLiskにもっと興味を持っていることも注目されています。Liskが安定した成長ペースでトップコインに属しているかどうか疑問です。

 

LiskがABRAに追加される

Lisk(LSK)の最新のアップデートを最初に反映しています。この通貨はABRAに追加されたばかりです。ABRAは、暗号化通信を扱うデジタルアプリケーションを補うグローバルウォレットとして知られています。

Liskは4つの他の通貨でABRAに上場すると発表されました。つまり、ABRAのすべてのユーザーがLisk、NEM、NEO、Monero、およびVergeと取引できるようになります。

この機会に、ABRAの代理人は、これらの資産の需要が増加していることに気づいたため、既存のデジタル資産リストに通貨を追加することを決定したと述べています。ABRAのCEOであるBill Barhydtは、人々が現在の取引を行う方法を民主化すること、さらには人々の財政運営の仕方を民主化することで、ABRAユーザーの関心だけでなく利このデジタルウォレットアプリケーションにさらに多くのaltcoinを追加する必要があります。

ABRAはこれまでに、非常に簡単なアプリケーションを使用して、50種類以上の異なる金額で取引、売買することができる25の通貨をリストしてきました。ある意味では、デジタル資産がリストに登録されるたびに、その価値は上がるというように、このリスティングのおかげで、Liskもトレンドアップしています。

また、ABRAに追加されたLiskは、スカイロケットLiskの重要な要素の1つであり、市場での安定性も示しています。 LSKはABRAで利用できるようになりましたので、その可視性は結果的に増加します。つまり、Lisk市場の次の日にはさらに急激な上昇があるかもしれません。

 

Lisk:短期的な利益にNOを言う

LSKの背後にある技術は、このデジタル資産の名において非常に有利です。しかし、Liskはさまざまなタイプの分散アプリケーションの操作と配備を容易にすることができますが、投資家はコインの機能のためにLSKユニットを購入していないと考えられます。

LSKプラットフォームの機能の背後にある主な理由は、そのエコシステムにDappsの作成とデプロイメントのための使いやすいツールがあることです。Dappsはユーザや投資家にとって非常に魅力的です。

しかし、LSKは市場の同業者と比較してかなり安定した成長ペースを持っていることが注目されているため、投資家はその機能に興味を持っているだけではありません。

わずか2日前、4月末にLisk(LSK)は約10ドルで取引されていましたが、2日後、5月2日にLSKユニット1台につき14ドル以上で取引されています。

さらに、このケースでは、LSKが市場で最も大きなクラッシュを経験したことを考えると、この資産のボラティリティについては多くのことが言われており、市場で最も安定したaltcoinsの1つになっています。

長期的には、投資家がLSKの価格が一気に上がると、LSKは1単位あたり約38ドルの過去最高額に戻って40ドルの価値を破ることもできます。

Liskは高度に機能的で使いやすいプラットフォームに加えて、LSKユーザーが独自のデジタル資産を作成して展開できるエコシステムの構築を計画しています。これは最近の上昇に加えてLiskの価値を引き上げる可能性が最も高いです。

 

マーケットのLisk

かなり安定した成長ペースで、Lisk(LSK)は4月30日に1台あたり約10ドルで取引することが容易になり、5月2日のわずか2日後には14ドルを少し上回って対処しました。

LSKは市場の最新動向に追随してドルに対抗しており、今回はこの平準化通貨に対して7.80%上昇した。この上昇に加えて、LiskはBTCに対しても5%を少し上回って取引しています。

Lisk(LSK)は現在、1単位あたり14.01 $の価格で取引されていますが、再び過去最高値に達するために徐々に進行しています。

 

補足


私自身もAbout Liskの中でも触れていますが、この記事にもあるようにLiskは短期ではなく長期の投資に向いていると思います。一つは今後利用者数の増加が考えられるDapps、そしてもう一つはVote報酬がその理由です。短期で利益を上げるのであれば人気のコインにお金を入れた方が良いかも知れません。分散投資で短期銘柄と長期保有銘柄を使い分けましょう。ただ短期トレードはリスクが高く、それで得られる利益と、Voteでコンスタントに得られる利益を比較すると、一層のこと短期に回していたコインをLiskにまとめVote報酬額を上げた方が利益率が高い場合もあるので、よく計算してみることをお薦めします。

ABRAとは
日本のApple App Store、Google Playからもダウンロードが可能。日本の銀行はまだ追加されていないようですが、自分の銀行口座や暗号通貨のウォレットから引き出したお金を「送金、保管、両替」できる注目・期待のサービスです。また暗号通貨のトレードも可能とのこと。手数料がほとんどかからないこういったサービスが充実してくると、銀行の役割・存在意義がどんどん薄れて行く気がします。Litecoinはこのアプリへの追加で価格が上昇したようです。

関連記事:
Forbes Japan|アプリ版「マネーの虎」で注目のビットコイン企業、Abraの躍進
仮想通貨資産管理アプリ「ABRA」20種類の仮想通貨と50種類フィアットを交換出来る世界初アプリ誕生

Liskの追加
2018年5月1日にABRAからLiskを追加する公式発表がありましたが、5月7日現在、Liskはまだアプリには追加されていません。今後追加予定の暗号通貨はMonero(XMR)、NEO(NEO)、NEM(NEM)、Lisk(LSK)、Verge(XVG)の5通貨です。様々な暗号通貨に両替できるので取引所を返す必要もないですね。

関連記事:
https://www.abra.com/blog/(ABRA公式サイト)

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です