SLUDGE FEED | GitHubでの開発に基づくアルトコインTop10

この記事はLisk Official Siteで取り上げられている海外記事をGoogle機械翻訳で日本語へ直訳したものを若干手直しして掲載したものとなります。そのため意味の分かりづらい文章もありますが、なんとなく雰囲気は掴めるかと思います。スマホで機械翻訳ができない事もあると思うので参考にしてもらえれば嬉しいです。

サイト信用度については下記のSimilar Webのデータを参考にしてもらえればと思います。サイトの想定アクセス数は表右上の「Estimated Visits」をピックアップしています。Visit = 30分以内のアクセスは1アクセスとカウントする集計方法です。

翻訳元サイト名
SLUDGE FEED

翻訳元サイトURL
https://sludgefeed.com/top-10-altcoins-based-on-github-development-activity/

翻訳元サイトの想定アクセス数
約45万visit

 

 

GitHubでの開発に基づくアルトコインTop10
GitHubコミットによるブロックチェーンプロジェクトを評価する為の簡単な方法

暗号通貨プロジェクトの評価は非常に難しいプロセスです。ディスカウント・キャッシュ・フロー(DCF)や帳簿価額分析などの従来の評価モデルは、必ずしもプロジェクトに適用されるわけではないため、投資家が投資の基礎として代替手段を見つけることが重要です。

代替案として技術分析を検討する人もいれば、テクニカルインジケータイベントは、平均以上またはマイナスの収益を上回る高い予測価値を持たないことを示すデータもあります。これは、主にファンダメンタルズによって推進される暗号化市場の高いボラティリティによるものです。

したがって、投資家はブロックチェーンプロジェクトを評価するための独自のメトリクスを検索する必要があります。現在、個人投資家の活動を監視するための最良の指標の1つは、TelegramやRedditなどの一般的な情報源を含むソーシャルネットワークデータです。一般的に、投資家は積極的な社会的チャネルと良好なコミュニティを持つプロジェクトを探します。

ソーシャル分析は有用ですが、このメトリックの全体的な影響は、短期的な利益のために価格を操作しようと長期にわたるマーケティング・プッシュやたちの悪い「デッド・ユーザー」によって大きく混乱し操作される可能性があります。

追加のメトリックを探している投資家は、ブロックチェーンプロジェクトの比較的独特な機能であるGitHubのコミット活動を通じて、技術開発の進捗状況を検討する必要があります。ほとんどの暗号通貨プロジェクトは評価可能な商用製品をまだリリースしていないため、技術開発活動の監視は特に有用です。GitHubのコミットは完璧な指標ではありませんが、プロジェクトのコア開発の成長と活動についての興味深い洞察を提供しています。

 

直近3ヵ月間のGitHub総コミットによる暗号化プロジェクトTop10


EOS (EOS) | $12.2B | $10.94B Mkt Cap | 2,245 GitHub Commits
EOSは、産業規模の分散アプリケーションをサポートできる分散オペレーティングシステムです。プロジェクトは6月2日にEthereumブロックチェーンからメインネットに切り替えました。

言語: C ++ 合計貢献者: 100+

 

TRON (TRX) | $0.059 | $3.9B Mkt Cap | 2,227 GitHub Commits
TRONは、Justin Sunが率いるシンガポールの非営利団体Tron Foundationによって設立された暗号化ベースのローカライズされたプラットフォームです。TRXは当初、Ethereumネットワーク上でERC20トークンとして開発されましたが、今年6月にメインネットを立ち上げる予定です。仮想通貨は、デジタルコンテンツの共有コストを削減するために、ローカライズされた分散型ストレージネットワークを使用する無料のコンテンツエンターテインメントネットワークを構築することを目指しています。

言語: Java 合計貢献者: 51

 

Nuls (NULS) | $3.71 | $148M Mkt Cap | 1,611 GitHub Commits
NULSは、高度にカスタマイズ可能なモジュラブロックチェーンインフラストラクチャであるグローバルブロックチェーンのオープンソースプロジェクトです。マイクロカーネルと機能モジュールで構成されています。NULSは、賢明な契約、マルチチェーンメカ​​ニズム、クロスチェーンコンセンサスを提供します。

言語: Java 合計貢献者: 10

 

RChain (RHOC) | $1.36 | $488M Mkt Cap | 1,386 GitHub Commits
RChainは、チューリング完全なビザンチンフォールトトレラントなブロックチェーンプラットフォームであり、開発者が並列かつ無限にスケーラブルな分散アプリケーションを記述できるようにします。

言語: Scala 総貢献者: 38

 

0x (ZRX) | $1.26 | $668M Mkt Cap | 1,220 GitHub Commits
0xは、Ethereumブロックチェーン上のERC20トークンの低摩擦ピアツーピア交換を容易にするオープンプロトコルです。0xのプロトコルは、大規模な公共流動性プールにアクセスしたり、自分自身を作成するためにそれらを有効にする、分散型アプリケーション(DApps)のための共通インフラになることを目指しています。利用可能な流動性のこのシステムは、伝統的なDEXが一般的に非流動的で、遅く、高価で、互いに動作不能であるため、0xが分散型交換の概念をさらに進めることを可能にする。

言語: TypeScript 総貢献者: 21

 

Zeusshield (ZSC) | $0.0166 | $19M Mkt Cap | 1,214 GitHub Commits
Zeusshieldはブロックチェーンを使用して信託管理を保険サービスに適用し、精密マーケティングとインテリジェントな保険請求を提供する新しい保険エコシステムを構築します。

言語: JavaScript 合計貢献者: 5

 

Olympus Labs (MOT) | $0.298 | $11M Mkt Cap | 1,100 GitHub Commits
Olympus Labsは、ブロックチェーンベースの金融商品のプロトコルを定義する金融エコシステムを開発しています。オリンパスのエコシステムは、投資ニーズに応える金融商品、サービス、アプリケーションの包括的な金融市場を投資家に提供します。

言語: TypeScript 合計貢献者: 9

 

Aion (AION) | $2.19 | $328M Mkt Cap | 950 GitHub Commits
Aionは、ブロックチェーンネットワークにおけるスケーラビリティ、プライバシー、および相互運用性に関する未解決の問題に対処するように設計された多層ブロックチェーンシステムです。

言語: Java 合計貢献者: 20

 

Lisk (LSK) | $9.04 | $962M Mkt Cap | 943 GitHub Commits
Liskは開発者が独自のブロックチェーンアプリケーションをJavaScriptで簡単に構築して展開できるようにすることで、いくつかのEthereumの欠点を解決します。JavaScriptが広く使われているコーディング言語であることを考えると、特にSolinityと比較して、Liskは開発者がブロックチェーンプロジェクトを作成する上での障壁を低くしています。さらにLiskブロックチェーン上に構築された各アプリケーションは、カスタマイズ可能なサイドチェーンを介して統合され、Ethereumブロックチェーンが直面する多くのボリューム問題を解決します。

言語: JavaScript 合計貢献者: 40

 

Skycoin (SKY) | $21.17 | $190M Mkt Cap | 927 GitHub Commits
SkycoinはSkywire渡ってサービスを配布し、ピア・ツー・ピア・ネットワークをサポートするため、ユーザーのSkycoinsに報いる分散型インターネットプロジェクトです。Skywireのテストネットは今月初めに公開されました。このプロジェクトはすでにSkywire向けにかなり大きなネットワークを構築しており、2,300を超える公式ノードと数千のDIYノードが世界中に広がっています。正式なノードはSkywinチームによって開発され、販売されているSkywire Minersというカスタムハードウェア上で動作しています。このハードウェアは、特殊なVPNとして動作している間、Skycoinのマイナーとして機能します。

言語: Go 合計貢献者: 46

 

総合

by Cryptomiso

従来の方法が必ずしも有用ではないため、ブロックチェーンプロジェクトの評価は容易ではありません。したがって、精通した投資家は、社会的な追従や開発活動を含む独自の指標に頼らざるを得ません。言及された10のプロジェクトは、迅速な投資画面を探している人のための素敵なショートリストです。興味深いことに、これらのプロジェクトのほとんどは、今後予定されているテストネットまたはメインネットの打ち上げを完了したか、または予定しています。

すべてのプロジェクトがGitHubを利用するわけではなく、このリストを市場全体の明確な表現と見なすべきではないことに注意することが重要です。さらに、業界全体では開発中の製品の大多数に実際に経済原則を適用することに深刻な問題があるため、重要な開発活動を行っているプロジェクトであっても必ずしも長期的に実行可能であるとは限りません。

 

この記事に対する所感


この記事内でも書かれていますが、個人的にもGitHubでのコミット数による評価は完全では無いと思います。理由としてコミットには様々な内容があり、非常に簡単な処理もコミットとしてカウントされてしまうので考えるべきはその「質」だと考えているからです。もしコミットを評価する対象として見るのであれば、そのコミットの内容を詳細に追う必要があると思います。とは言え、投資する銘柄を判断する上で非常に参考になる指標だとも思います。

ブロックチェーンプロジェクトのGitHubコミットのみをピックアップしているのが、最後の総合パートで出て来る「Cryptomiso」というサイトとなります。この記事が面白いのは、この「Cryptomiso」のコミットTop10をそのまま掲載しておらず、それなりに精査して掲載している所だと思います。どの暗号通貨が掲載されていないかは実際にサイトへ行って自分自身で確認してみると良いでしょう。また、このサイトではGitHubで開発されている暗号通貨を検索する事もできるので、お気に入りの暗号通貨がどれくらい開発されているのかを確認すると良いと思います。ある期間だけしかコミットされていないものや、コミット数が極端に低いもの、コミットが一定期間無いものなど様々です。何をどう評価するのかは個人の自由だと思いますが、先ほどお話ししたようなコミットのプロジェクトは色々な意味で危険な気がします。

Cryptomiso

関連記事:
【仮想通貨】Githubの開発更新頻度が見れる「Cryptomiso」の使い方とランキング
600以上の仮想通貨をランク付けしたCryptoMisoをGitHubが提供

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です